FC2ブログ
01.08
Mon
1月7日は今年初めての再診の日でした。
12月の再診でALTがやっと正常値になって喜んだのも束の間
また240(正常値12-130)に上がっていました。

胆泥は流れてはいるのですが先月と変わらずです。
そして腎不全の項目BUN、CREは先月より少し上がりました。
そしてTP5.7(正常値5.7-8.9)、ALB2.2(正常値2.3-3.9)と初めて低い値になりました。
この項目も肝臓と腎臓に関連する項目です。
他の腎疾患に関する項目はぎりぎりで正常値でした。

悪くなっていく一方で

人間と違って犬には透析はありません。
ちょっとブルーになってしまう数値です。

パピーの頃から血液検査で脱水のところがずーっと引っかかていました。
今の病院の前からです。
でも症状もなく他の項目も正常で元気なので大丈夫ってことで12歳まできました。
TPもALBも脱水の項目です。
肝臓も1歳までに大きな数値になり最初の病院では中々治らなくて今の病院に移りました。
調べてもらった時肝臓自体はきれいなのでこの子は肝臓が弱い子と院長先生に言われました。
症状が出てないけど心臓が弱い子とかいる、それと同じと思ってと。。。

今、色々と思い出します。

膵炎にもなったし
生まれつき内蔵関係が弱い子なのかな。。。。。

暗くなっても仕方ないので
お薬飲んで前を向くしかありません。

腎疾患の影響なのか尿の回数か多くなりました。
夜中にも数回です。
目が見えないのでその度にシートに連れて行きます。
不思議なことにたーちゃんが起きると絶対に目が覚めます。


DSC_0619-1.jpg


血液検査の結果等たーちゃんの関係の物は一つにまとめて保管しています。
今回の検査結果を入れようとしたらこんな写真が出てきました。

たーちゃんがうちの子になってくれた時の物です。
P2のお店の中で撮ってくれました。
この時たーちゃんは3か月
小さい~~

“たから”の名前は実は私が高校の時同級生に〇〇宝さんという子がいて
その〇〇宝さんはクラスも別の女子で友達という程でもなく挨拶や雑談くらいはする程度の人でした。
美人ではないけどいわゆる愛嬌のある人で、名前の由来聞いたら男兄弟の一番下にやっと生まれた女の子だったので
お父さんが宝物の宝にしたと。

なんとも可愛い名前だなぁと思った事を何故か覚えていて思い出したことからなんです。
漢字やカタカナはゴツゴツした感じなので丸みのある平仮名の“たから”にしました。

写真を見ながらなんか色々と思い出してしまいます。
今年は13歳になるたーちゃん
あんたは手乗り犬かい(笑)と
手のひらに乗るくらい小さな小さな子だったのに今はいろんな病気を抱えて。。。
感慨深いです。

色んな病気抱えてますが
今日も食欲旺盛
朝起きるとご飯ご飯と催促します。
それで今日も元気だとほっとします。

たーちゃん!
明日も明後日もずっーと
ご飯!ごはん!とママに催促してね。



back-to-top