FC2ブログ
10.17
Tue
16日はたーちゃんの再診でした。
雨が降る中行ってきました。

肝臓と気管支拡張症に加え先月の血液検査で悪かった腎機能の検査をしてもらいました。

まず肝機能ですが
ASTとALPは先月に続いて正常値でした。
中々下がらなかったALT134(正常値12-130)でやっとやっと下がってきました。
胆泥はあるのですが流れているの安心です。
肝臓のお薬とサプリは継続で抗生剤は減りました。

気管支拡張症については咳も減りました。
でも動き初めにまだ咳をするので(1週間で2日~3日)お薬は継続です。

腎機能ですが
BUN55(正常値4.5-30.5) CRE2.1(正常値0.5-1.5)で先月から少し上がりました。
この数値は食事療法での治療範囲とのことです。
肉類はダメとのことですが
たからの場合膵炎になってからはドライフードの療養食と野菜にたまにりんごや梨の果物
それにおやつはベジチュウとヒルズのメタボリックビスケットだけです。
市販のおやつはもちろんのこと手作りおやつもあげていません。
なのでお薬を出してもらいました。
このお薬は心臓にも影響があるのでふらつきや食欲不振があればすぐ中止してくださいと言われました。
朝に1回飲ませます。
早速昨日獣医さんから帰って飲ませました。
そして今朝も飲ませました。
今現在食欲不振もふらつきもありません。
でもまだ2回飲ませただけなので暫くは気をつけて様子を見て行きたいと思います。


DSC_0453.jpg

めちゃくちゃブレてますが(笑)
昨日病院の待合室でキャリーに入ったたーちゃんです。

昨日の獣医さんは小型犬は11歳、12歳、13歳と老犬ばかりでした。
トイプー、Mダックス、チワワと犬種は違いますが肝臓、膵炎、気管支拡張症と
みんな同じような病気です。
Mダックスちゃんはヘルニアで後ろ足がダメで歩くことができなくなり
手術するか悩んだけど12歳の年齢のことを考えてお薬で痛みを取る方を選んだのだけど
また調子が悪くてとご夫婦で来られてました。

病院で色々話ししてると
みんな可愛がって大事にしているのがわかります。
みんな気持ちは同じだなぁと

たーちゃんも目が見えないので不憫に思うのか随分お利口さんだねと言ってもらいました。
たーちゃんは構ってもらって大喜びでした。
たーちゃんには獣医さんの待合室は楽しい場所のようです。

また来月まで
お薬飲んで頑張ります。
来月は少しでも良くなっていますように



back-to-top